フルートとピッコロの持ち替えがうまくいかない人へ♪

TOPICS

こんにちは。

佐藤優希です(*^^*)

 

今回は、フルートとピッコロの持ち替えについてです!

 

私はピッコロに慣れてきた頃、次の悩みはフルートとピッコロの持ち替えがうまくできない、ということでした。

 

オーケストラの中ではよく持ち替えがあり、そのたびに過度に緊張して硬くなり、どうにもうまくいかないことがよくありました。

 

その時、師匠の甲藤さち先生に相談したら、

「持ち替えの練習をするといいよ(^^)

とのお言葉。

 

えっ!?持ち替えのための練習が必要なんだ!!(°▽°)

と目から鱗でした。

 

それから、フルートからピッコロ、ピッコロからフルートへと、持ち替えたときにどのようなことに気をつければいいのか、分析しながら練習に取り組みました。

自分なりにわかった事は…

・唇の周りの筋肉の使い方

・息のスピード、量

などを意識的に調整することが必要、

ということでした。

それは、持ち替えた後の音域にもよりますね。

 

もし、持ち替えで悩んでいらっしゃる方がいましたら、

「持ち替えのための練習だ」

と割り切ってそこにフォーカスしてみてはいかがでしょうか?

 

これからも、フルートやピッコロのあるあるなお悩みを切り取って、

私なりの考えをお伝えしていこうと思っています⭐︎

 

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです(*^^*)

 

佐藤優希

タイトルとURLをコピーしました